MENU

血栓予防薬って安全なの?考えられる副作用とは?

血栓予防について

 

様々な原因により、
血栓を治療しなければならなくなる人がいますが、
主に用いられるのは血栓予防薬というものです。

 

手術の後などには、血栓予防注射が行われます。
また、足元に第二の心臓とも言われるふくらはぎを刺激する、
ポンプを使用する場合もあります。

 

血栓を予防するためには様々な方法がありますが、
血栓予防注射など、注射などで用いられている、
血栓予防薬は安全なものなのでしょうか?

 

また、脳梗塞や心筋梗塞などの再発予防として、
血栓予防薬が使われ、処方される場合もあります。

 

血栓予防薬の安全性

 

血栓予防について

 

日常的にそのような薬を飲んでいる方も多いのですが、
それらの血栓予防薬は、安全なものなのでしょうか?
副作用はないのでしょうか?

 

毎日摂取する薬となると、その安全性について知っておくことは、
とても大切です。

 

今回この記事では、血栓予防薬の安全性について、
考えられる副作用について、調べてまとめてみました。

 

血栓に関する治療を行っておられる方や、
血栓予防薬を処方されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血栓予防薬に副作用はあるのか?

 

血栓予防について

 

血栓ができやすい体質の方や、脳梗塞や心筋梗塞の再発防止として
血栓予防薬を用いる場合、
副作用についても知っておくと助けになります。

 

抗血栓剤、血栓を溶かす薬を処方されますが、
それは血が固まりにくくなる薬です。

 

血が固まってできる血栓を溶かし、予防するのですから、
体から出血した場合にも血が固まりにくいのです。

 

それで、血栓予防薬から考えられる副作用は、
以下のようなものです。

 

鼻血

 

副作用として、血液が固まりにくくなっているので、
簡単に出血してしまいます。

 

そして、一度鼻血が出てしまうとなかなか止まりません。

 

鼻を激しくかくなど、傷をつける行為を避けて、
優しく扱いましょう。

 

内出血

 

やはり、主な副作用は出血しやすいことと
血液が固まりにくい事です。

 

それで、内出血、つまり皮膚に
大きなあざができてしまう可能性があります。

 

あまりに症状が酷い場合には、医師による治療が必要です。

 

こぶしより大きくなったり、アザの数が異常に増えた場合には、
医師による診察を受けてください。

 

血尿など

 

血尿や血便といった副作用も、考えられます。

 

そのような症状が出た場合には、
内臓から出血しているかもしれません。

 

緊急性が高いと考えられますので、
できるだけ早いうちに医師に相談しましょう。

 

血が止まりにくくなる副作用がある、血栓予防薬。
血栓を予防してくれる、嬉しい働きの反対には
少し危険な面もあります。

 

それで、歯の治療を行う場合にも注意が必要です。

 

また、普段から怪我に注意しなければ、
副作用による大量出血も考えられますので、
気を付けてくださいね。

 

 

血栓を溶かす ランキング