MENU

効果的な血栓予防には、やはり運動が必要不可欠!

血栓予防について

 

最近、国をあげて予防に積極的に力を入れている
病気や症状の一つに、血栓というものがあります。

 

大切なのは血栓予防

 

血栓予防について

 

身近なことが原因となって起こりやすい上に、
命に関わる症状である血栓。大切なのは、
日頃から血栓予防に努めることです。

 

血栓予防には、様々な方法があります。
運動や食べ物などの、生活習慣を整えることはもちろん大切です。

 

食習慣を変えることは、血栓予防にとても効果的です。

 

しかし、食習慣を良いものにすることに加え、
積極的に適度な運動やマッサージを取り入れることは
とても大切なんです。

 

なぜ、運動が血栓予防に効果的なのでしょうか?
また、どのような運動がおすすめでしょうか?

 

今回、この記事ではそのような点について、
調べてまとめてみました。

 

食習慣の改善だけでは効果を実感できなかった!という方も、
ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役にたてれば、嬉しく思います。

 

運動と血栓予防

 

血栓予防について

 

なぜ効果的なのか?

 

運動すると、血栓予防に対し、
どのような嬉しい効果があるのでしょうか?

 

まず、運動することで血流全身の血流が良くなります。

 

血流が良くない事は、血栓の原因となります。

 

運動を行い、血液をよく流すことで、
サラサラの血液につながっていきます。

 

それが、血栓予防として効果的というわけです。

 

血流が良くなることで、中性脂肪の分解、
悪玉コレステロールの減少につながります。

 

動脈硬化の改善にもつながりますので、
血液や血管そのものが健康になるのです。

 

動脈硬化が進行してしまうと、傷ついた血管を修復しようと、
血液が固まりやすくなり血栓が増えてしまいます。

 

ですから、動脈硬化の予防は血栓予防と同じなんです。

 

 

どんな運動がおすすめ?

 

血栓を予防するには、激しい運動である必要はありません。
酸素を取り込みながら、ゆっくりと行う有酸素運動が、
血栓予防にはお勧めなんです。

 

激しい運動である酸素運動は、エネルギーが糖質ですが、
有酸素運動は脂肪がエネルギーとなります。

 

脂肪を分解し、血圧を下げ、動脈硬化を改善してくれる
有酸素運動は、血栓予防につながっていきます。

 

ある程度の時間、続けられる運動であることも大切です。

 

1回に20分から30分程度の運動を、週に3、4回取り入れるだけでも
効果的です。

 

運動しよう!と意気込むだけではなく、
階段を使うようにしたり、少し早めに歩くなど、
日頃の生活に運動を取り入れるということも、大切です。

 

 

 

血栓を溶かす ランキング