MENU

病院で処方される、血栓予防薬の様々な種類をご紹介

血栓予防について

 

近年、死亡率がとても高く、命に関わる重大な病気である上に、
身近な事柄が原因となる病気の一つとして、
血栓に注目が集まっています。

 

血栓の原因

 

血栓予防について

 

血栓の原因となる事柄には、いろいろな面が関係しています。

 

しかし、主に運動習慣や食習慣、ストレスなどの生活習慣が、
とても深く関わりあっているのです。

 

それで、血栓の予防法には注目が集まっています。

 

生活習慣の改善により、血栓を予防・改善できたという方も
非常に多いのですが、病院に頼らなければならなくなる、
という方も少なくありません。

 

予防や治療のために、長年、血栓予防薬が開発され、
非常に多くの種類があります。

 

長年使われてきた血栓予防薬もあれば、新たに開発された、
新薬という種類のものもあります。

 

病院や薬局などでは、そのような血栓予防薬の種類や
特徴に関する一覧を見ることもできます。

 

しかし、専門用語が多く、なかなか理解できないという方も
多いかもしれません。

 

それで、今回この記事では、主に病院で使用されている
血栓予防薬の種類について、簡単に調べてまとめてみました。

 

血栓に関する病院での治療が必要になったという方はもちろん、
ご家族の皆さんも是非参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

血栓予防薬の種類

 

血栓予防について

 

大きく分けて3種類

 

血栓予防薬は、大きく分けて3種類です。
血栓溶解薬、抗凝固薬、抗血小板薬という3つです。

 

血栓溶解薬

 

これは、名前の通り、出来てしまった血栓を
溶かすことのできる種類の薬です。

 

すでにできてしまった血栓に働きかけるので、
血栓予防薬というよりは、血栓治療薬というほうが
近いかもしれません。

 

この薬は、心筋梗塞や脳梗塞など、
血栓が原因の何らかの重大な病気が発症した時に使用されます。

 

抗凝固薬

 

これは、血栓が作られるのを予防する、種類の薬です。
特に、静脈にできる血栓を予防する働きがあります。

 

昔からこの血栓予防薬は使われてきましたが、
ワーファリンという種類が、広く使われてきました。

 

この血栓予防薬にはヘパリンや、クマリン系など
いくつかの種類があります。
新薬も多く開発されている種類の薬です。

 

抗血小板薬

 

血栓は血液が固まって起こるものですが、そこに関係している、
血小板に働きかける種類の血栓予防薬です。

 

ですから、大きな働きとして動脈にできる
血栓の予防ということができます。

 

主に、脳梗塞や心筋梗塞を発症した方に
再発予防として処方されます。

 

動脈硬化が進むなど、血管そのものが痛んでいる方には、
とても効果的です。

 

 

血栓を溶かす ランキング